一日一善と三膳

一日一善と三膳を通して世界とおれを幸せにする

かわいい女たち

尾崎豊のforget-me-not

5月23日木曜日。晴れ。 おれは15歳で尾崎豊という存在を知った。だがその時尾崎はすでに伝説になっていた。この世にはいなかったのだ。forget-me-notはとても良い曲だと思う。お風呂で歌うにはもってこいだ。カラオケで歌うにはしんみりしすぎると思う。 は…

連日のケーキ屋さん

5月19日日曜日。晴れ。 おれと妻は誕生日が二日違いである。昨日今日と連日ケーキ屋さんを訪れて、ケーキを買った。昨日は5個、今日は4つ。 しかしながら昨晩も今晩も娘を寝かしつけている際に、自分も眠ってしまい、妻とゆっくりケーキを食べることができな…

悪魔払い

4月4日木曜日。晴れ。まだ寒い。朝ランニング中止。ランニングは休みの日だけにしようと思う。娘が起きたかどうかが気がかりで走ってられない。 昨晩22時頃ソファで眠ってしまった。23時に起きると皿が洗われていた。我が家では皿洗いはおれの仕事なのに。 …

写真の持つ力

今日ふと、佐伯先生の名前をグーグルで検索した。すると、そこには50代になった佐伯先生の写真が出てきた。画質が悪く、拡大すると表情の細かなところはぼやけてしまってよく見えなかった。冗談ではなく、おれはモニターに近づいて見たり、遠ざかってみたり…

妻の下着について

昨日今日と続けて、洗濯物を寝る前にしている。これまでは朝起きてからしていたのだけれど、最近は自分が朝起きるのが20分ほど遅くなってしまっていて、そのせいで、おれが洗濯物を干している隣で娘が一人でご飯を食べていると言う状況になってしまっていた…

週末を台無しにしないためにおれは泣いた

3月に母が上京してくる。孫に会うために。 先日日程のことで母から電話があり、その時におれは嫁に言った。「XX日からXX日に母親がくるから、その時は実家には帰らないでね。」嫁はおれの方をろくに見ることもせずに「うん」と言ったので「その時になって聞…

ジャニーズハラスメントについての考察

帰宅すると妻が言った。「嵐のファンに不躾に活動休止の話題をふるのは、ジャニーズハラスメントなんだって」 おれは嵐ファンではないのだけれど、昨晩、妻の横でミスターサンデーで流されていた嵐の会見を最初から最後まで全部観た。良いグループだと思った…

まぜそばを食べる君

まぜそばを注文した君は「今日はこの前のホテルとは違うホテルにしようよ」とスマホの画面をおれに向けた。 まぜそば。おれはまぜそばを生まれて20数年間一度も食べたことがなかった。その存在は知ってはいたものの、手をつけずにいた。君とおれの関係もそん…

青い肩紐と、山手線の踏切

一昨日と昨日のつづき ウッドデッキの縁に座っている沙織さんの隣に座ろうとした時に、タンクトップの陰から沙織さんの胸が見えてしまった。 だけどそれよりも気になったのは、沙織さんの付けていたブラジャーの肩紐の色だった。沙織さんの白い肌の上に乗っ…

口紅のついた煙草のフィルター

昨日のつづき 「ごめんね、スクランブルになっちゃった」と言う沙織さんの方に目をやると沙織さんの後ろに一人おばさんが立っていて、さっきのおじさんと似た笑顔をしていた。「二郎くん、いらっしゃっい。昨夜のことは覚えてる?」「覚えてないです」「お母…

ごめんね、スクランブルエッグになっちゃった

地下鉄の車内広告の中にいる山Pがおれを見ている。なんてシュッとしているのだろうか。おれは山Pとは同い年だ。年が同じと言うこと以外に共通点が見つけられそうにない。そう言えば昨日も暗いことを書いたんだった。今日は明るいことを書こうと思う。おれが…

どうしても彼女に触れたくて、左頬をぶってもらうことにした15の春

我ながらなかなか良い作戦だったと思う。葵ちゃんにどうしても触れたかったおれは素知らぬ顔でお願いした。 おれ「とても眠いんだ、左の頬をぶってくれないかな?」葵ちゃん「え?なんで、嫌だよ」おれ「まあそう言わずにさ、一回で良いんだよ」葵ちゃん「で…

最も多く嫁と愛し合うことのできた7月

8月2日木曜日 晴れ。暑い。 1ヶ月ぶりの更新になる。前回こんなことを書いた。 ”嫁と仲良くするために、突然だけれども、試しに、今夜から毎晩「きれいだよ」と声をかけてみようと思う。おそらく突然のことで嫁はおれの浮気を疑うだろうが、おれは実際浮気は…

1カ月の間、毎晩嫁に「きれいだよ」という宣言

7月2日月曜日。晴れ。 久しぶりの更新だ。毎日更新に夢破れ、はや2カ月か。まあ、そうだな、更新したいときにしていこうと思う。ただ、こうも久しぶりだと書き始めと言うのが難しい。とりあえず、最近お気に入りのアイドルは、村上友梨ちゃんだ。いや、別に…

夜泣きと成長に備える

さて、有休を取得したので、3連休に突入する。とても気分が良い、金曜の夜。 花金を謳歌することなく、自宅に帰ろうとしている。友人を食事に誘おうとするが、娘の笑顔が頭をよぎりそっとスマホをしまう。 家に帰ってまずやるべきは、このMacを起動してAmazo…

幾代餅を思い出した話

3月28日水曜日 晴れ。初めてのテラス席。やはりまだ少しだけ肌寒い。 おれの好きな落語に「幾代餅」と言う演目がある。話のあらすじは、若い男が幾代と言う花魁に惚れて、、、いやいや、落語のあらすじ書くのって難しいな。。。まあ、とりあえず「幾代餅」と…

ハイカットのスニーカーとアラームと

「ねえ、ちょっと」 と呼びかける声が彼女のものだと気がつくのに時間がかかった 知らない街を彼女と歩いている テレビで見たことのある台湾の街並みに似ている 彼女は唐突にハイカットのスニーカーを見始める 28,500円という価格を見て、こんなもんなのかと…

小野真弓さんへ捧ぐ

『赤い花』を買った。これは貴著へのアンサーセンテンスである。 このアンサーセンテンスは小野真弓さんが写真集の中に書いている文章を多分に利用し、書かせて貰っている ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 「大切な人」 何が正しくて 何が間違ってるのか 好きとか 嫌いとか そんな…

靴を送る、と言うこと

3月7日水曜日 曇り。寒い。ダウンジャケットを会社に置いてきたので、家にあったカーディガンを引っ張り出して着た。 赤いソールのヒールを一日で3足も見た。赤いソールのヒールをおれはこれまで二人の女の子にプレゼントしたことがある。 18歳の時、誰かが…

彩香ちゃんとサイゼリヤのハンバーグと

3月1日木曜日 風が強い。雷で雲が光っている。おれの苦手な天気だ。そして少しだけ暖かい。 おれにはかわいい女の子の友だちが多い。”かわいい”というのも、”多い”というのも、主観の話で、誰にも文句を言われることはない。そんなおれのFacebookに、おれの…

姉は豆腐で、弟はこんにゃく

2月28日水曜日 曇り。寒さがやわらいだ気がする。 なんだか今週は長い気がする。まだ水曜日だ。週末はまだなのか。今週末、4月から娘の行く保育園での面接がある。嫁はおれにスーツで行くようにと注意をする。多分おれと嫁との間には、この面接に対する考え…

【勝手に続編】直前のコンビニが絶頂

いるかピーさんに捧ぐ そのおっぱいの続きが知りたい - believe in you いるかピー ◇◇◇◇◇ 日曜日の昼間、繁華街から離れていく電車にはあまり人が乗っていなかった。可奈子ちゃんは扉に背中をつけ、銀色の手すりを右手で握り、おれの肩越しに流れていく外の…

14歳の少年の発想

2月23日金曜日 曇り。少しだけ暖かい。 明日ついに嫁と娘が帰ってくる。がおれは小野真弓の写真集『赤い花』をコタツの上に置きっぱなしなのである。 30歳を過ぎてなお、何かを家の中で隠さなければならない状況になるとは思わなかった。どこに隠そうか?普…

やりたいことを全部できたなら

2月22日木曜日 雨。みぞれっぽかった時間帯もあった。 親の会社のホームページを作ってあげようかと思う。商品をAmazonに出品したいとも言っていたので、登録作業等してあげたいと思う。それとPodcastの配信を始めようと企んでいるのだが、Garagebandの触り…

生まれて初めて写真集を買いたいと思う

2月16日金曜日 曇り。今日も早起きができて、タリーズに来ることができた。 明日、嫁が娘を連れて嫁の実家に帰る。こう書いてしまうと、何か良からぬことのような感じがするが、そういうネガティヴな事柄ではない。娘が生まれて約半年が過ぎる。最初の1ヶ月…

紗雪ちゃんに包み込まれた夜

2月15日木曜日 曇り。 朝4時半に目が覚めた。眠れる気がしなかったので、そのまま起きた。ブドウジュースを飲みながら電子タバコを吸い、AbemaTVで麻雀チャンネルを観た。10分ほどだらだらと過ごし、靴を磨いた。3足ある革靴をまとめて全部磨いた。1時間弱か…

安藤さんがくれたチョコレイトケーキと杉原の優しさ

2月14日水曜日 晴れ。 朝まあまあ混んでいる時間帯に電車に乗った。座れずに立っていた。目の前に座る女子高生が膝に抱えている紙袋の中に、大量のお菓子が入っているのが見えた。顔をのぞかせたお菓子達はどれもこれも甘そうなものばかり。なぜじゃがりこが…

笑っていたいと思ったら、欲情にかられていた

2月9日金曜日 晴れ。肉の日だ。特に肉は食べずに一日が終わった。というか、これを書いていて今、肉の日だったことに気がついた。 明日から三連休だ。特に出かけたりする予定は今の所ない。でも靴を買いたいと思っているから、嫁にお願いして、数時間だけ横…

金曜の夜遅くの電車で

金曜日の夜。飲み会が終わり電車に乗る。終電よりも数本前の電車だ。今のところ吐瀉物も見当たらない平和な車内。 だが、目の前の席に座り眠っているおばさんの目からは時々涙がこぼれ落ちている。これは加齢によるものなのだろうか?それとも何かの病気なの…

いつの間にやら24時

言葉に出さなくていいことを出してしまいそうになる今日この頃。 余計なことを言う前に今日も眠ろう。 おやすみなさい。 相沢まきさん、夢に出てきてください。